サイトメニュー

どんな症状で受給できるの?

ハートと聴診器

日常生活の判定とは

どのくらいの症状なら障害年金うつ病を貰えるのでしょう。まずは障害年金うつ病2級を受給した人の例を紹介していきます。会社の上司から、怒鳴る、キャパオーバーの仕事を押し付けられ、責任をすべて負わされるなど、パワハラを受けて精神が不安定になったAさんは、仕事を辞め、引っ越しをしました。しかし、環境の変化に適応できず、症状が悪化してしまいました。日常生活は家族に支えられていますが、自立して生活することはできません。不安感や自殺願望が悪化しており、障害年金うつ病の受給を検討しました。この場合は障害年金うつ病2級の認定を受けることができました。年間150万円ほどの受給となっています。次は、躁うつ病の場合の2級を受けた方のパターンです。出産を機にうつの症状がでるようになり、マタニティーブルーが落ちついてくるころには、躁状態になることも増えてきました。突発的に外に出ていったり、浪費したり、怒りっぽいという症状がありました。この場合も障害年金うつ病2級を受給されています。強迫性障害の場合は、子供のころから、強迫観念が強く、対人場面での緊張や被害者関係念慮が大きかった方です。一定の年齢を過ぎてから異常な確認行動が見られるようになったので、受診しはじめました。しかし、強迫観念が大きいので、仕事に支障があり、退職することになったそうです。そこから、何度か入退院を繰り返しており障害年金うつ病を申請しています。この場合も障害年金うつ病2級の受給になりました。ここまでの方々を見ていくと、かなり重篤な症状に感じるものであっても、1級ではなく2級の診断なのです。しかし、自分は軽いから大丈夫と思わずにまずは相談してみることが重要です。この方々はすべて、受給できる病状だったにも関わらず、数年経ってから受給を始めた人たちです。面倒だったり、少し遠慮する気持ちもあるかと思いますが、申請するだけなら損することはありませんよ。

障害年金うつ病を受給するために日常生活にどのような支障があるかを判定する基準があります。請求者が一人暮らしの場合どの程度可能かというのが判断基準です。まず、食事は準備も含めて、適当量をバランスよくたべることができるかという点です。2つ目は身の回りのことです。髪や顔を洗ったり、着替えが自分ででき、片付けや掃除もできるかです。3つ目は、お金の管理です。やりくりが自分ででき、買い物が計画的にできるかがあります。この他にも通院についてや社会性など細かな基準があります。4段階に分けて点数を出していきます。

Copyright© 2019 【ポイントを押さえれば受給できる】障害年金うつ病とは? All Rights Reserved.