サイトメニュー

医療費を安くしよう

カウンセリング

医療費の補助色々

障害年金うつ病はうつ病と診断されてから、受給されるまで1年以上かかります。ですので、障害年金うつ病が受給されない間、医療費の工面に困っていませんか?その間にできることもありますので、利用を検討してみましょう。まず、自立支援医療制度というものです。自立支援医療制度とは入院以外で行われる医療費を軽減できる制度です。自立支援医療制度には精神疾患に適用されるもの、肢体不自由に適用されるものがあります。その中でもうつ病などの精神疾患に適用されるのが精神通院医療というものです。この適用を受けることができると基本的に医療費は3割り負担のところから1割負担にまで下げる事ができます。世帯収入によっても自己負担額の上限は変化しますが、かなり負担を減らせる制度と言えるでしょう。自立支援医療制度の有効期限は1年です。自立支援医療制度に適応される精神疾患はうつ病、双極性障害、統合失調症、知的障害、自閉症スペクトラム障害、不安障害、てんかん、摂食障害があります。また、主治医が長期的に医療を継続する必要があると判断した場合です。また、職場のストレスでうつ病になった場合には休職することがあると思います。休職中にもらえる手当として、傷病手当金というものがあります。健康保険から支払われ、標準報酬月額の3分の2が支払われます。この支給期間は1年半ですので、障害年金うつ病が受給されるまでの間はこの傷病手当金と自立支援医療制度でなんとかゆっくり生活はできるのではないでしょうか。また、病状が軽快してくると、退職することも検討するかもしれません。その時には自己都合により退職という捉えられ方をしてしまうと、退職した際の失業保険が3ヶ月受給されなくなってしまいます。それでは生活がきつくなってしまうという時にはかかりつけの医師に就業可能証明書というものを書いてもらいます。そうすれば、前職場の環境により退職ということが認められるので、給付期限なしで、失業給付金を支給することができます。また、失業給付金は3ヶ月が一般的な給付期間です。しかし、公共職業訓練を受ければ、職業訓練を受けながら失業保険を受け取ることができます。ですから、失業給付金を受け取る期間が大幅に延長できるのです。また、延長したことにより、給付金を多く受け取ることができるのです。

障害者手帳も利用しよう

傷病手当金を受けていれば障害者手帳を発行してもらうことができます。正式には精神障害者保健福祉手帳と呼ばれ、必ず利用しましょう。メリットとして、所得税や住民税の控除、電車やバスの乗車賃が安くなる、携帯電話の料金補助、公共施設利用時の割引、映画鑑賞の割引、生活保護時の加算があります。また、障害者手帳をもていることで失業保険給付の期間が延長できるのもメリットです。このような制度を利用すればうつ病になってしまっても安心して休んで生活することができますね。退職前の就労期間と年齢によって延長期間は変わります。1年未満の退職の場合は150日、1年以上就労した場合で45歳未満の場合は300日、1年以上就労した場合で45歳以上60歳未満の場合は360日に延長されますので、復職する期間もゆっくりとれて安心です。この間にうつ病が軽くなればスムーズに生活できますし、そうでないときにもお金の心配なく休めるのはいいですよ。

Copyright© 2019 【ポイントを押さえれば受給できる】障害年金うつ病とは? All Rights Reserved.