サイトメニュー

障害年金うつ病受給の流れ

看護師

障害年金うつ病を受給するための流れを簡単に説明します。まず、初診日を確認しなくてはいけません。「いつだったか忘れた」「だいたいの日付でいいか」と思いがちですが様々な要件の起点になるので、忘れないように控えておくようにしましょう。また、初診の際の処方せんや領収書をみて確認することが重要です。次に要件の確認があります。障害年金とは誰もが受給できるものではありません。要件を満たした時に更に審査を通った人のみが受けられるものです。要件が必要なものは初診日要件と障害認定日要件、保険料納付要件です。それらが揃ったら、申請書類をもらうことができます。書類は年金事務所や市町村の役場でもらうようにしましょう。必要な書類は、家族構成や病気の種類によって異なります。また、自分で記入するもの、病院等でもらうもの、公的機関のものなど多くの書類があるので間違えないようにしましょう。申請書類をもらったら、まずは、受診状況証明書を初診を受けた病院で発行してもらいます。また、診断書も発行してもらいます。初診の病院と現在通院している病院が違う場合は診断書は現在通院している病院で発行してもらう必要があります。その後、書類に記入をしていきます。自分が記入する書類は2つです。1つ目は年金請求書、2つ目は病歴・就労状況等申立書です。間違いがないように家族などに確認してもらうことが必要です。これらの書類は記入することが多いので気をつけましょう。次に住民票などの書類を準備します。有効期限に注意して早めに発行しすぎないようにしましょう。一式が揃ったら、年金事務所に提出します。ここから審査に入りますので、障害年金うつ病を受給するにはかなりの時間が必要だと言うのがお分かりいただけたのではないでしょうか?病状が辛い時にこれらの作業は大変ですので、適宜周りの人のサポートを借りながら、準備していくと良いと思います。

Copyright© 2019 【ポイントを押さえれば受給できる】障害年金うつ病とは? All Rights Reserved.